|堺の家|敷地を読む

元同僚で建築士でもあるクライアントと共同で設計を進めている住宅になります。

このような設計の仕方ははじめてなのでお互い楽しみながら、現在プランのキャッチボールをしています。

敷地を読み込むことでお互いのイメージを早い段階で共有することができました。

敷地の高低差を活かしたプランニングの可能性を探っています。

f:id:ishikawa-ao:20200523113008j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です